2017年に登場したケノンの延長保証は入るべき?

2017年に登場したケノンの延長保証は入るべき?

 

2017年にケノンは2つの延長保証が登場しました。自然故障プランと事前故障+物損プランです。それぞれ、4000円(税込)、6400円(税込)です。

 

自然故障というのはケノンの初期故障や経年劣化による故障を対象としています。具体的には製造不良やケノンそのものの不具合が対象です。

 

一方、物損はケノンを持ち運び中に落としたり、水に濡れて壊したりといったリスクに対応しています。

 

ケノンは最初から自然故障プラン1年分は付属しています。そのため、初期故障による不具合があれば新品と無償交換もしくはタダで修理が可能です。

 

1年を過ぎるとたとえ製造側の不備であっても、購入者が負担することになります。ケノンは本体価格が高いだけに、修理代も結構高くつきます。

 

iPhoneを例に取れば、たとえば画面が割れただけで数万円するのと同じで、ケノンもだいたい同じぐらいの金額なので修理代も万円は超えてくるケースが多いです。

 

そのため、少なくとも自然故障の延長プランはつけておいて損はないと思います。

 

ただ、ケノンはこれだけたくさん販売実績があるので、不具合がそこそこ改善されて、不良率も少ないことが予想できます。

 

1年で脱毛を終わらせるぞ!という方は要らないのかもしれませんね。